【無料】川崎の事業所の特徴が分かるBOOK今だけプレゼント

未分類

未分類

ADHDに適した仕事と働くのが怖い気持ちの緩和方法

ADHDは発達障害の3分類のうちのひとつであり、落ち着いて正確に仕事をこなすことができないために職場でトラブルをきたしやすく、いつしか「働くのが怖い」と感じて、就業や転職がままならない場合があります。 頭の中で考えがまとまらないため...
未分類

発達障害者が働くには?障害に向き合いながら働く方法

発達障害とは生まれながらに脳機能の発達に偏りが出ている状態であり、行動や感情について何らかの特徴がみられる障害です。 学習に支障がある・注意欠陥や多動・一定の場所に落ち着いていられないなど、日常生活は脳機能の偏りに左右されやすくなっ...
未分類

双極性障害が働く場所はどこがいい?復職のポイントをチェック

双極性障害は、通常よりも活発で活動的になる「躁(そう)」の状態と、無気力やうつが続く状態を交互に繰り返すトラブルです。 障害の原因は遺伝・脳内の神経伝達物質のトラブル・甲状腺機能亢進症などの特定の病気に伴うものとされていますが、因果...
未分類

統合失調症が働くには?クローズ就労よりオープンな職場が理想的

統合失調症は、幻覚や幻聴に悩まされやすくなる精神疾患の一種です。つらい経験やストレスなどが原因になる場合もあり、100人に1人の割合で発症することが明らかとなっています。 統合失調症のメカニズムははっきりとわかっていませんが、神経伝...
未分類

精神疾患を抱えて働くには?障害に向き合いながら働く方法

現代人ならではの悩みも多くみられる精神疾患は、一人ひとりの状態に合わせた治療やケアが主流となる一方、疾患を抱えている方自身の自立や社会復帰が課題となっています。 疾患の度合いにもよりますが、疾患を抱えているからといって仕事ができない...
未分類

うつ病でも復職は可能?治療中におすすめの仕事とは

うつ病はパワーハラスメント・日常生活のストレス・周囲からの圧力や期待・既往症などさまざまな要因によって発症する心のトラブルです。近年ではコロナ禍によってストレスを抱えている人も少なくないとされています。 仕事に行くのが億劫になり、フ...
未分類

知的障害に最適な働く場所と障害に向き合うための方法

知的障害とは医学的に「精神遅滞」とも呼ばれ、問題解決力や計画性、判断力や学力などの機能に支障がある発達障害の一種です。 障害の程度には軽度から重度まで個人差があるため、なかには「健常者との違いがない」と判断され職場内で十分な理解が得...
未分類

パニック障害でも働くことはできる?障害に負けず働く方法

パニック障害は、罹患者である本人も予期できないタイミングで発汗や震えが始まり、生活に支障をきたす症状を指します。投薬やカウンセリングなどで治療可能な病気ですが、100人に1人が罹患するともいわれ、決して珍しい症状ではありません。 ス...
タイトルとURLをコピーしました