【無料】ケイエスガードの特徴が分かるBOOK今だけプレゼント
 

ADHDに適した仕事と働くのが怖い気持ちの緩和方法

ADHDは発達障害の3分類のうちのひとつであり、落ち着いて正確に仕事をこなすことができないために職場でトラブルをきたしやすく、いつしか「働くのが怖い」と感じて、就業や転職がままならない場合があります。

頭の中で考えがまとまらないために話が脱線しやすく、整理整頓が苦手であることやタスクを先延ばしにする特徴もみられ、ひとつの物事に集中して取り組めないなどの集中力不足も、ADHDの方が抱える悩みといわれています。

この記事では、ADHDの方が安心して就業するために、働くのが怖い気持ちを緩和するための方法を取り上げます。ADHDに適した仕事・業界についても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

働くのが怖い気持ちを緩和する方法

ADHDの方は、漠然とした不安感や「周囲とは違う」ことへの不安感を抱いているケースが多い一方、業務上の失敗体験から仕事そのものへの不安を感じる場合もあります。

たとえば「きちんとメモをしたのに見落としをしてしまう」「メモすること自体を忘れてしまう」「メモをしたのに別の考えが先立ってしまって失敗した」「結局人にフォローをさせてしまい、メモをとった意味がなかった」など、メモをするというタスクだけでも千差万別の怖さがあります。

この恐怖心を緩和するためには、以下の2点に注目してください。

仕事をポジティブにとらえる

世の中の仕事全般が怖いのではなく、自分が力を発揮できない仕事に恐怖心を抱いているだけであると認識をしてみましょう。

「自分に合う仕事はたくさんあるので、これから出会える可能性がある」とポジティブに解釈をすることで、次のステップに進みやすくなります。

周囲を頼って弱いところを理解してもらう

ADHDの方は、自分に病気はなく問題もないと感じている方もいらっしゃいます。そのため、仕事でミスを出したときに「こんなはずじゃない」「自分はもっと上手にやれる」と、かえって周囲に弱さを出せなくなってしまいます。

しかし、周囲を頼れないかどうかは実際に頼ってみなければわかりません。職場ではチームワークの一環として周囲を頼ることが許されています。

ADHDについても、周りから理解されることで業務が円滑に進み、適切なサポートが受けられるようになります。

思ったことを口に出して失敗してしまう場合は、周囲に障害ゆえの特性であることを伝え、不用意な発言は訂正や忠告をしてもらえるように事前に説明をしておく必要があるでしょう。

ADHDの方に適した仕事や業界

ADHDの方に適した仕事・業界について、以下の3点を中心にチェックしましょう。

ADHDが重視したい仕事探しのポイント

  • タスクの多い仕事は避ける
  • 興味関心のある仕事を選ぶ
  • 自発的にできることを行う

タスクの多い仕事(いわゆる「マルチタスク」と呼ばれるもの)は、考えがあちこちに飛びやすいADHDには適しづらい仕事です。単純作業やルーチンワークが比較的多いデスクワークでも、タスクが多岐にわたるようであればADHDの方には向きません。

一方で、タスクが多くても本当に好きなことであれば能力を発揮しやすくなるため、本当に好きなことを探すことも重要なポイントになります。

具体的な職種を限定することはできませんが、「誰からも指示や命令をされていないのに進んでこなしていけるもの」は、ADHDの方が本領を発揮できる領域といえるでしょう。

弱い部分を理解して対策していくことが大切

いかがでしたでしょうか?今回は、ADHDの働き方や仕事探しのポイントについて紹介しました。仕事上の失敗は周囲の協力やフォローを受け、弱い部分を重点的に対策していくことが大切です。

川崎エリアの就労移行支援「ケイエスガード」は、精神障害・知的障害・身体障害・難病の方にご利用いただけます。ぜひこの機会にご利用ください。

ADHDの方が受けられる就労支援やおすすめの職種についても紹介していますので、ぜひご覧ください。

ケイエスガードでは障がいのお持ちの方などを対象に就労移行支援を行っております。

川崎で就労移行支援をお考えならトップページからご覧ください。
監修者
加藤 吉昭

平成13年に福祉コーディネーターの資格を取得以来20年以上福祉に関わっています。
長年の経験を生かして総合職として記事監修を行っております。

【免許・資格】
障害者職業生活相談員(第17-111号)
横浜市障害者職業能力開発指導者研修終了証(健障福第3880号)
応急手当普及員認定
相談支援従事者(相談支援専門員・第18-Y128号)
サービス管理責任者終了証(就労分野・第13-就092号)
心理カウンセラー認定取得(No.21-0417)
サービス管理責任者 更新研修(第21-サ更30022号)

加藤 吉昭をフォローする

◆ひとりで悩んでませんか?

・何度も休職してしまっていて自分に自信がない。
・続けられるか心配だ。
・薬を飲んでいるから体調の事が心配。
・通院しながらでも大丈夫なのか心配。

全ての心配事を先ずは聴かせてくださいね!
一緒に新しいあなたになる為の目標をサポートしていきます。

資料請求・お問合せはこちら

ADHDコラム
川崎の就労移行支援 | ケイエスガード
タイトルとURLをコピーしました