【無料】ケイエスガードの特徴が分かるBOOK今だけプレゼント
 

精神障がい者・障がい者が働きやすいと考えられる就職先と業界

精神障がい者・障がい者の方は、どのような就職先が働きやすいのでしょうか。
これらの方におすすめできる就職先を紹介いたします。自分に合っている仕事を見つけたい方は、参考にしてください。

「精神障がいを持たれている方にとって働きやすい就職先はどこ?」「障がいを持たれている方が働きやすい業界ってあるの?」などの疑問を抱いていませんか。
就職するのであれば、長く働き続けられる職場を見つけたいですよね。

このページでは、障がいがある方に向いている仕事の例などを紹介しています。
以下の情報を参考にすれば、働きやすい就職先を見つけやすくなるはずです。是非、参考にしてください。

◆精神障がい者の方のおすすめの就職先

精神障害のある方に向いている仕事は、人により異なります。同じ精神障害でも、病名や症状はさまざまだからです。参考に、疾患別に向いていると考えられる仕事の例を紹介します。

【向いている仕事】
・統合失調症:商品管理・軽作業・工場内作業
・気分障害:商品管理・軽作業・工場内作業
・てんかん:IT関連・看護師・介護士

実際の働きやすさは、就職先により異なります。

◆障がい者の方のおすすめの就職先

精神障害に限らず、障がいがある方に向いている仕事も、人により異なります。一般的に、障がいがある方に向いていると考えられている仕事として、次のものが挙げられます。

・事務職心身への負担が少ないデータ入力・書類管理などが主な仕事になるため、障がいがある方に向いていると考えられています。

・プログラマー
作業をコツコツと続けることが得意な方に向いています。

・工場内作業
製品の組み立てや箱詰めが主な仕事です。心身に大きな負担をかけづらい方や変化への対応が苦手な方に向いています。

実際の働きやすさは、就職先により異なります。

◆障がいをお持ちの方におすすめの業界

最後に、障がいがある方に向いている業界を紹介します。

・医療・福祉業界
障がいへの理解がある就職先が多いため働きやすい業界といえます。

・製造業
工場内作業が主な仕事になる製造業も働きやすい業界です。

・人材サービス業界
人材サービス業界の中でも障がい者の求人を扱う分野は、働きやすい業界といえます。

◆精神障がい・障がいがある方は就職先をじっくり選びましょう

精神障害・障がいがある方の就職について解説しました。働きやすい就職先は、障がいの特性と職場の環境などにより異なります。自分に合っている就職先をじっくりと選ぶことが重要といえるでしょう。

障害を持つ方におすすめの資格についても紹介していますので、ぜひご覧ください。

ケイエスガードでは障がいのお持ちの方などを対象に就労移行支援を行っております。

川崎で就労移行支援をお考えならトップページからご覧ください。
監修者
加藤 吉昭

平成13年に福祉コーディネーターの資格を取得以来20年以上福祉に関わっています。
長年の経験を生かして総合職として記事監修を行っております。

【免許・資格】
障害者職業生活相談員(第17-111号)
横浜市障害者職業能力開発指導者研修終了証(健障福第3880号)
応急手当普及員認定
相談支援従事者(相談支援専門員・第18-Y128号)
サービス管理責任者終了証(就労分野・第13-就092号)
心理カウンセラー認定取得(No.21-0417)
サービス管理責任者 更新研修(第21-サ更30022号)

加藤 吉昭をフォローする

◆ひとりで悩んでませんか?

・何度も休職してしまっていて自分に自信がない。
・続けられるか心配だ。
・薬を飲んでいるから体調の事が心配。
・通院しながらでも大丈夫なのか心配。

全ての心配事を先ずは聴かせてくださいね!
一緒に新しいあなたになる為の目標をサポートしていきます。

資料請求・お問合せはこちら

コラム就労移行支援
川崎の就労移行支援 | ケイエスガード
タイトルとURLをコピーしました