【無料】川崎の事業所の特徴が分かるBOOK今だけプレゼント

統合失調症が働くには?クローズ就労よりオープンな職場が理想的

統合失調症は、幻覚や幻聴に悩まされやすくなる精神疾患の一種です。つらい経験やストレスなどが原因になる場合もあり、100人に1人の割合で発症することが明らかとなっています。

統合失調症のメカニズムははっきりとわかっていませんが、神経伝達物質のバランスが乱れることで誰もが罹患するといわれています。そのため、緊張状態を避けて治療やケアをしなければなりません。

症状が重篤化しないためには、早期発見・早期治療が欠かせません。仕事を続けたいと思っても日常生活に支障をきたすおそれがあるため、早めに治療を開始しましょう。

本記事では統合失調症を患っている方が症状と向き合いながら事を続ける方法、罹患者に適した職種を紹介します。

統合失調症を患っても働くことができるのか?

統合失調症の罹患者の多くは10代~20代の若年層で、その後に30代・40代と続いていきます。妄想や幻覚を多く見ることがあり、就職や転職の時期に病気が被ってしまうパターンも少なくありません。

しかし、統合失調症を理解し適切な治療やケアを続けていくことで、脳の混乱を抑えて正しい判断ができるようになります。仕事については、治療後すぐの復帰は難しい可能性がありますが、時間をかけてケアを続けていけば、着実に現場復帰を目指せます。

すでに仕事に就いており統合失調症をケアしなければならない時は、職場に病気への理解を促したうえで休職制度などを活用しましょう。

ただし、ケアレスミスや注意力散漫といった症状で業務に支障が出る際には、思い切って退職を検討することも重要です。

統合失調症と向き合いながら働く方法

統合失調症と向き合いながら働くためには、正しい手順に沿う必要があります。

統合失調症を理解する

はっきりとした幻覚や幻聴、または得体のしれない恐怖にかられる場合、早めに医療機関を受診してください。自覚ができなければ通院や治療が難しいため、業務上でのミスやトラブルが続いたときは周囲に相談のうえ医療機関を受診し、客観的な判断を仰ぐことが大切です。

早期に治療を開始する

統合失調症の症状が自覚できたら、できるかぎり早くに治療を行いましょう。インターネット上の不確かな情報を参考に間違った薬を服用すると、病気が長引き予後が悪くなるおそれがあります。かかりつけ医を探し、信頼のできる医師との連携が理想的な流れです。

治療中に仕事が手に付かない・ミスが明らかに増える・周囲のフォローやミスの処理を任せてしまうようであれば、休職制度を使うなどして優先的に治療を進めましょう。

自分に合う仕事を選ぶ

統合失調症の原因が仕事や職場環境にある場合は、その場に留まると症状に悪影響となるおそれがあります。

職場で病気を隠さなければならない、あるいは職場内の一部しか実情を知らないまま罹患者が働き続ける「クローズ就労」は、周囲から十分に理解が得られているとは言い切れない状態です。病気を隠して働くことは大きなストレスになりますので、自分に合う仕事を求めて、退職や転職を検討しても良いかもしれません。

統合失調症にかかったら、仕事よりも治療が最優先です。体調が回復しても医師やカウンセラーとよく話し合い、症状が再発しないように緊張・精神的負荷の少ない仕事を選んでください。

統合失調症の方が働くのに適した場所

統合失調症の方が働くのに適している場所についても詳しくみていきましょう。

ノルマのない仕事

「重要な商談や会議で成果を出す」「特定の日時までに十分な量の業務をこなさなければならない」などの仕事は、統合失調症の症状に対して強い負荷を与えます。

そのため、できるかぎりノルマの少ない仕事を選び、緊張状態を作らないように注意します。統合失調症は過緊張や過負荷によって症状が悪化していくため、きつい制服やスーツで体が拘束される、あるいは特定の時間密室空間に置かれるような仕事も避けたいところです。

理解ある職場を選ぶ

統合失調症は100人に1人がかかるとされ、罹患者のなかには、「症状の発症前は問題なく仕事や学業をこなしていた」というケースもみられます。「前の自分ならバリバリ働けたのに」という思いから、前の職場と似た環境を選ぶ場合があります。

しかし、統合失調症は幻覚・幻聴・妄想などがみられる病気のため、以前と同じような環境に復職するとトラブルが起きたときに十分なフォローが受けられず、症状が再発するおそれがあります。

精神的に完全な復調が認められないまま、バリバリ働こうとするのは難しいものです。統合失調症に理解のある職場環境を重視し、精神疾患をもつ人が働ける場所を中心に探してください。

病気に向き合いながら職場を選ぼう

いかがでしたでしょうか?今回は、統合失調症に罹患した方が復職を目指すポイントについて紹介しました。まず治療を優先し、地域の就労支援センターや就労移行支援事業所を活用した就職もぜひ検討してください。

就労に関するお悩み相談やサポートは、川崎駅から徒歩8分の就労移行支援「ケイエスガード」へ。精神障害・知的障害・身体障害・難病の方にご利用いただけます。ぜひこの機会にご利用ください。

ケイエスガードでは障がいのお持ちの方などを対象に就労移行支援を行っております。

川崎で就労移行支援をお考えならこちらからご覧ください。
◆ひとりで悩んでませんか?

・何度も休職してしまっていて自分に自信がない。
・続けられるか心配だ。
・薬を飲んでいるから体調の事が心配。
・通院しながらでも大丈夫なのか心配。

全ての心配事を先ずは聴かせてくださいね!
一緒に新しいあなたになる為の目標をサポートしていきます。

資料請求・お問合せはこちら

未分類
川崎の就労移行支援 | ケイエスガード
タイトルとURLをコピーしました