【無料】ケイエスガードの特徴が分かるBOOK今だけプレゼント
 

【MOS・日商簿記検定
・ITパスポート】
就職に有利な資格(IT編)

はるさんです。今回はIT系の資格を紹介しようと思います。

取っておいて損はない資格ばかりですので是非読んでくださいね。

もちろん今回もはるさんは知識0、皆さんと同じ状態から説明していきますよ。

MOSとは

MOSとは「マイクロソフトオフィススペシャリスト」の略で、マイクロソフト社が提供するソフトをどれくらい使えるのか証明した資格です。

資格を取得するにはWordやExcel、PowerPointを高いレベルで使いこなす必要があります。しかし、MOSを持っているだけでパソコンの操作スキルが高いと判明します。

事務職やIT業界の復職を目指す方はもちろん、パソコンを使用する業界全体にMOSはおすすめです。

取るメリット

MOSを取得するメリットは、パソコンスキル客観的に証明してくれる、対策学習が実務力に直結している、業務や作業効率が向上する、転職時などの実力アピールにもなる、取得結果をスピーディーに活用できる、世界で通じる国際資格であるという事です。

実際に取る事で

MOSを取る事で、普段使うことの多いWord、Excelの使い方がよくわかり、どのようにやれば効率的なのか把握しているためデータや文書に何らかの追加・修正が必要になった際にもスピーディーに対応ができます。他にもPowerPointも使うことが多く役に立つ場面は多いです。

合格点は?

MOSは1000点満点で一般的には700点取れば合格基準点に満たしていると言えます。MOSの資格には科目とバリエーションとレベルで分かれています。

例えばWordのスペシャリストレベルなら文字サイズやフォントの変更、表の作成・編集、作成した文書の印刷など、Wordでの基本的な編集機能を理解している方というレベルになります。また、勉強もほとんど独学で対策する人が多いでしょう。

いいですね、MOSはかなり会社で有利になるとされています。持っているだけでパソコン出来ますってアピールが出来るので持っていて損はありません。

また、勉強している時点でもWordなどが使えるようになっていくため自分のスキルアップが分かりやすいと思います。

次は日商簿記検定です。

日商簿記検定とは

日商簿記検定とは企業の営業取引や経営活動を記録する技術のことです。経理職に必要なスキルとされています。

経理以外では事務職としても有効的です。MOSと合わせて取得することで復職後に重宝されるでしょう。

ちなみに、日商簿記検定は2級から中小企業で求められるレベルになります。国家資格ではないが一般事務職などへの就職・転職の際に有利な資格と言われており、TPEICや英検などと並び権威の高い検定試験となっています。

取るメリット

メリットとして、どんな仕事にも活かせる、就職・転職に有利になる、他の資格取得へのステップアップに役立つとされています。

簿記を学ぶということは、会計の基本を学ぶということを言います。会計の基本が分かれば、数字が読めるようになり、より深く、具体的にビジネスをとらえることができるようになります。つまり、簿記は経理など数字を扱う部署だけでなく、どんな職種でも役立つスキルとなります。

また、企業からのニーズは高く、就職に有利な資格を取りたいと考える学生や転職を考えている社会人の方に人気の資格です。

試験の難易度

3級での近年の合格率では平均して40~50%程度です。日商簿記3級では商業簿記のみが問われ、工業簿記は問われません。簿記初学者がいきなり日商簿記2級に挑戦するのはかなり難しいため、まずは3級または初級から受験することが推奨されます。

2級では平均して20~30%程度の合格率です。現代的な会計業務に必要な知識である基礎的な連結会計や税効果会計、外貨建取引や「でんさい」などの内容もあります。2級では工業簿記も問われ専門性が高くなります。

1級は10%前後の合格率です。受験者の大部分は既に2級に合格できる実力を有している場合が多いため、かなりの難関資格であると言えます。

日商簿記検定も難しそうですね。

2級を目指すといっても、宅地建物取引士などが取れるほどの難しさだそうなので検定自体はかなり難しいとされています。ですが取ると企業から欲しがられることが多いので是非目指してみて下さい。

最後にITパスポートです。

ITパスポートとは

ITパスポートとは、入門レベルのIT基礎知識を証明できる、経済産業省認定の国家資格です。

初心者・未経験者向けの資格であることから情報処理技術者試験の中でもファーストステップとしてオススメの資格です。

また、ビジネス社会に必須のIT基礎知識が学べることから、社内研修に取り入れる企業も多く、さまざまな業界・業種で注目を浴びています。

最近ではプログラミング教育の始まった学生層にも支持されており、幅広い層に受験者が広がりつつあります。

取るメリット

メリットとして、試験勉強を通じ幅広い分野の基礎知識が取得可能、組織のIT力向上・コンプライアンス強化、就職などで役立つ国家試験があります。

試験勉強中では業務に必要なITの基礎知識などが身に付きます。

営業職がITパスポートを取った場合、顧客に対して製品やサービスを具体的にわかりやすく説明できるようになったり、顧客のニーズをより深く把握できるようになり、営業力強化につながります。

試験の難易度

ITパスポート試験の合格基準は総合評価600点以上、分野別評価点それぞれ300点以上であることが合格の基準になります。

受験者の60%が合格しています。

試験範囲は広く専門用語も多く出題されるため未経験者にとっては難易度が高いです。

ITそのものの知識だけでなく、ビジネス用語や経営に関する知識も問われることから、学生に比べ、社会人の合格率が高い傾向にあります。

また、しっかりと試験対策をすれば、学生やIT未経験者でも合格することは可能です。学生はビジネス分野、IT未経験者はテクノロジー系の勉強を重点的にすることで、合格の可能性が上がるでしょう。

最後に

いかがでしたか。どの資格も取って損は無い資格ばかりだと思います。自分に合ったやり方で勉強し取ってみてはいかがでしょうか。次回もまた書くと思うので良かったら見てください。

閲覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました