【無料】川崎の事業所の特徴が分かるBOOK今だけプレゼント

「一般就労とは」が気になる方が知っておきたいポイント

福祉的就労と比較しつつ、一般就労の概要を解説しています。
さらに、一般就労をサポートしてくれる就労移行支援事業の対象者なども紹介しています。一般就労の全体像を把握したい方は、参考にしてください。

「一般就労とは、どのようなものだろう?」と悩んでいませんか。理解を深めたい方は、全体像をとらえることから始めましょう。

このページでは、一般就労と福祉的就労の違い、対象者、メリットなどを解説しています。以下の情報を参考にすれば、全体像をつかめるはずです。理解を深めたい方は、参考にしてください。

◆一般就労とは

一般就労とは、障がいのある方の働き方のひとつです。障がいのある方の働き方は、大きく以下の2つに分かれます。

【障がいのある方の働き方】
・一般就労
・福祉的就労

一般就労は、企業や公的機関などと労働契約を結ぶ働き方です。
労働者として働くため、定められた時間に出社すること、経営者から与えられた仕事をこなすことなどを求められます。要求に応えられない場合は、ペナルティを課される恐れがあります。

福祉的就労は、就労と福祉の中間に位置付けられる働き方です。
一般就労が難しい障がいのある方が、障害者支援事業所で働きます。福祉サービスあるいは訓練の一環であるため、利用者のペースで働ける点が特徴です。作業量が少ないなどの理由で、ペナルティを課されることはありません。

◆一般就労を目指す対象者

一般就労できるのは、必要な知識や能力を備えている方といえるでしょう。
必要な知識や能力は、就労移行支援の就労に向けたトレーニングなどで向上させられます。

ケイエスガードでは障がいのお持ちの方などを対象に就労移行支援を行っております。

川崎で就労移行支援をお考えならこちらからご覧ください。
◆ひとりで悩んでませんか?

・何度も休職してしまっていて自分に自信がない。
・続けられるか心配だ。
・薬を飲んでいるから体調の事が心配。
・通院しながらでも大丈夫なのか心配。

全ての心配事を先ずは聴かせてくださいね!
一緒に新しいあなたになる為の目標をサポートしていきます。

資料請求・お問合せはこちら

コラム
川崎の就労移行支援 | ケイエスガード
タイトルとURLをコピーしました