【無料】川崎の事業所の特徴が分かるBOOK今だけプレゼント

就労移行支援とは一般企業への就職を目指す障がいのある方への就職支援

このページでは、就労移行支援の概要を解説するとともに一般就労と福祉的就労の違いを解説しています。就労移行支援の利用を検討している方は、確認しておきましょう。

「自分に合っている一般企業を探したい」「安心して働ける職場を見つけたい」と考えていませんか。仕事は人生の生きがいにもつながるため、良い職場と出会いたいですよね。
このようなお悩みを抱えている方は、就労移行支援に注目するとよいかもしれません。

就労移行支援は、障がいのある方の就職をサポートしてくれる福祉サービスです。就職前から就職後まで、手厚いサポートを受けられる点が特徴です。
このページでは、就労移行支援の概要と利用するにあたり理解しておきたい一般就労と福祉的就労の違いを解説しています。一般企業を中心に、自分に合っている職場を見つけたい方は参考にしてください。

◆就労移行支援事業所とは

就労を希望する65歳未満の障害のある方に対して、就労に必要な知識や能力の向上のために必要な訓練、就労に関する相談や支援を行います。
一般就労に必要な知識・能力を養い、本人の適性に見合った職場への就労と定着を目指します。

訓練内容は事業所の裁量に任されていますが、PC訓練をしている事業所が圧倒的に多いです。

◆就労とは

就労の言葉の意味を考えたいと思います。就職や就業など、よく似た言葉があるからです。

就労は「仕事に就くこと」「仕事に取り掛かること」「仕事をしていること」を意味します。これに対し、就職は「職業に就くこと」、就業は「職業に就くこと」「その日の仕事に従事すること」を意味します。

職業に就くことを意味する就職、職業に就くこととその日の仕事に従事することを意味する就業に比べると、就労はある程度の期間働くことを意味していることがわかります。

◆就労移行支援について

では、就労移行支援とはどのようなものなのでしょうか。

就労移行支援は、障害者総合支援法に定められている障害福祉サービスです。
一般企業へ就職を希望している障がいのある方が、通所により就労に向けたさまざまなサポートを受けられます。具体的には、就労に向けたトレーニング、職場見学、職場実習、就職活動支援、職場定着支援などを受けられます。
利用期間は原則24カ月以内です。利用料金は、前年度の世帯収入により異なります。生活保護受給世帯、市町村民税非課税世帯は、自己負担なしで利用可能です。

就労移行支援をひとことでまとめると、一般企業への就職を目指す障がいのある方の就職活動全般をサポートしてくれる障害福祉サービスといえるでしょう。

◆一般就労について

就労移行支援を利用するにあたり理解しておきたいのが、一般就労と福祉的就労の違いです。
就労移行支援では、基本的には一般就労を目指すことになります。

一般就労は、企業や公的機関と労働契約を締結して働く就労形態です。
1人の労働者として働くので、就職先のルールを守らなければなりません。具体的には、決められた時間に出社して、命じられた業務をこなすことを求められます。
ルールを守れない場合や命じられた業務をこなせない場合は、何かしらのペナルティを課される恐れがあります。

福祉的就労は、就労と福祉の中間に位置付けられる就労形態です。具体的には、一般就労が難しい障がいのある方が、就労継続支援事業所などで働きます。
福祉サービスあるいは訓練の一環として働くので、基本的には利用者の希望により作業時間や作業量などを決められます。したがって、命じられた業務をこなせないなどの理由で、使用者からペナルティを課されることはありません。

就労移行支援の利用を検討している方は、一般就労と福祉的就労の違いを理解しておきましょう。

◆就労移行支援は就職活動全般のサポートを受けられる

就労移行支援について解説しました。
就労に向けたトレーニングから就職後の職場定着支援まで受けられるので、一般企業への就職を目指している方は利用を検討してみてはいかがでしょうか。

ケイエスガードでは障がいのお持ちの方などを対象に就労移行支援を行っております。

川崎で就労移行支援をお考えならこちらからご覧ください。
◆ひとりで悩んでませんか?

・何度も休職してしまっていて自分に自信がない。
・続けられるか心配だ。
・薬を飲んでいるから体調の事が心配。
・通院しながらでも大丈夫なのか心配。

全ての心配事を先ずは聴かせてくださいね!
一緒に新しいあなたになる為の目標をサポートしていきます。

資料請求・お問合せはこちら

コラム
川崎の就労移行支援 | ケイエスガード
タイトルとURLをコピーしました