【無料】川崎の事業所の特徴が分かるBOOK今だけプレゼント

adhdの方が受けられる就労支援とadhdの方に適していると考えられる仕事

adhdの方が受けられる就労支援とadhdの方に向いている仕事などを解説しています。
就労に難しさを抱えている方は、参考にしてください。

adhdが就労上の困難になっていると感じていませんか。

このままでは今の仕事を続けられない、就職先を見つけられないと悩んでいる方もいるでしょう。

このようなときに利用したいのが就労支援です。

このページでは、adhdの方が受けられる就労支援と、adhdの方に向いている仕事などについて解説しています。
以下の情報を参考にすれば、抱えている問題に対応しやすくなるかもしれません。
adhdとお仕事にお悩みの方は、参考にしてください。

◆注意欠如・多動症とは

不注意(集中力がないなど)、多動性・衝動性(落ち着きがない、順番待ちができないなど)の2つの特性を中心とした発達障害です。
また、“注意欠如・多動性障害”と訳される場合もあります。

◆adhdの方の就労支援の内容

adhdの方が受けられる就職支援として、次のものなどが挙げられます。

障がい者就業・生活支援センター

地域にある雇用・福祉・教育などの専門機関が連携して、障がいがある方の就業・生活に関連する相談・支援を行っています。
最初に相談したい専門機関といえるでしょう。

ハローワーク

それぞれの障がいにあわせた職業相談を受けられます。ハローワークの職員・福祉施設の職員・就労支援者がチームを組んで、就職前の準備から職場への定着までサポートしてくれます。

若年コミュニケーション能力要支援者就職プログラム

ハローワークで利用できるプログラムです。adhdなどでコミュニケーションに困難を抱えている方を、地域障害者職業センターなどへ誘導し、個別相談・個別支援を行っています。

◆adhdの方の適職は?

adhdの方の適職は、人により異なります。それぞれに個性があるからです。
以上を前提に、適職を紹介すると以下のようになります。

発想力が豊かな方には、デザイナーやイラストレーターなど、クリエイティブな仕事が向いていると考えられます。

チャレンジ精神旺盛な方には、営業職や起業家などが向いているといえるでしょう。

好きなことに没頭できる方は、プログラマーや研究者などが向いているかもしれません。

自分の強みを活かせる仕事を探すことが重要です。

◆adhdの方のおすすめの就職先の特徴

実際に働く場合は、就職先との相性も確認しなければなりません。
一般的に働きやすいと考えられているのは、adhdや障がいに理解のある職場です。
フレックス制など、スケジュールを調整しやすい勤務形態を採用していれば理想的といえるでしょう。

◆adhdの就労支援を受けてみませんか?

adhdの方が受けられる就労支援を解説しました。
さまざまな就労支援を受けられるので、就労に難しさを感じている方はお住まいの地域の支援機関に相談するとよいでしょう。

ケイエスガードでは障がいのお持ちの方などを対象に就労移行支援を行っております。

川崎で就労移行支援をお考えならこちらからご覧ください。
◆ひとりで悩んでませんか?

・何度も休職してしまっていて自分に自信がない。
・続けられるか心配だ。
・薬を飲んでいるから体調の事が心配。
・通院しながらでも大丈夫なのか心配。

全ての心配事を先ずは聴かせてくださいね!
一緒に新しいあなたになる為の目標をサポートしていきます。

資料請求・お問合せはこちら

コラム
川崎の就労移行支援 | ケイエスガード
タイトルとURLをコピーしました